FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明け 

君は眠っていた

火照ったからだを冷すために窓を開けた
水辺の向こうに紅い光を見る

振り向いて
眠っている君を確認した

感動も後悔もあたしだけのもの
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://musubime.blog71.fc2.com/tb.php/46-484c2f08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。